不登校の子の父親である公認心理師が語るブログ

不登校の我が子の出来事を、父親かつ教育現場で働く公認心理師の立場からお話します

でも休んでしまいました。

専修学校に通っている我が子。なんとか週1回の登校をしております。

9月になり、2学期が始まり、週1回の登校をしていたのですが。。。

9月の第1週と2週は順調に登校したのですが、3週目に「学校に行きたくない」との訴えが、登校日の前夜にありました。

 

うーん、きましたか。

 

我が子と話をしていると、最初は「なんとなく行きたくないというのは、これまでもあったからな」と思っていました。しかし、それに比べると、かなり強い反応であったので、「今回は無理かな」と感じました。

「今日行かないと来週からも行きにくくなるんじゃないのかな?」と問うと、「うん」と元気のない返事。でも、まあ、そうなったらそうなったでどうしようもないし、「休むということで連絡するね」となりました。

それで話が終わろうかなと思った時、ちょっと気づきました。「そういえば、課題のCG作成をとりあえず終わらせていたけど、『気に入らないから作り直そうかな』と言っていたな」と。

「そういえば課題のCG作り直そうかなと言っていたけど、作り直したの?」(パパ)

「うん、でも間に合わなかった」(我が子)

「全くできていないの?」(パパ)

「キャラクターの前後の絵を作成するのだけど、正面の絵の色つけもできていない」(我が子)

「これから一所懸命にやってみたら?」(パパ)

「絶対に間に合わない」(我が子)

 

そういえば、我が子が中学1年で不登校になった要因の一つに、「課題や準備をし忘れてしまったこと、できなかったこと」があったのです。

ADD(注意欠如)の傾向が強いので、中学になってたくさんの課題や対応すべきことが降りかかり、対応できなくなってしまったのでした。それが、登校したくない要因になっていたな~と思い出したのです。

「パパも専門学校の先生だらかわかるけど、全くやっていないのと、頑張ったけど途中までというのは違うんだよ。『ここまでやったけど時間がなかった』『ここまでやったけどこれ以降どうすればいいかわからない』とか明らかにしてもらえれば、先生もそれに応じて教えてあげたりできるんだよ。」と諭したのですが、受け入れられませんでした。

柔軟性があればもっと楽になれるのだけれども、不登校しないのかもしれないけども。

でも、これも我が子の特性ですから、言って諭そうと思っても無理です。

社会に適応するには、こうした柔軟性(あるいは「まあいいや」という割り切り)が必要なのでしょうが、それを身に着けた方がいいのか、でもどうなんでしょう。

 

ともあれ、今回行きたくないという理由が分かったので、「じゃあ、明日は休もうか。来週には課題を完成させて持っていけるといいね。」と言ってあげました。

 

夜中、我が子がパパの所に「あれから課題のCG作ったから見て」と来ました。

「おおー、見せて見せて」というと、うれしそうに見せに来てくれました。

キャラクター正面の作画と色塗りまで完成させていました。CGを書き始めた頃に比べると、かなり上達してました。

「でも、背面も書かなければならないから明日には間に合わない」と言うことでした。

しかし、明日は行けないという話し合いをした後に、自分の意志でCGの作画に取り組んだということは、とてもよいことです。「これなら大丈夫」と思いました。

「そうだね。すごく頑張ったね。確かにもう夜中だし、背面も作るのは難しいね。じゃあ、頑張ったことも含めて先生に伝えておくから、来週には見せられるといいね」と言ってあげました。すると、満足そうな、ちょっと自信持った面持ちで、自分の部屋に戻っていきました。

 

登校するはずの日に先生に連絡したところ、「きちんと完成させたものを見せたかったのですね」と理解してくれました。

 

さて、来週、我が子は登校するのでしょうか。子ともにおまかせです。

2学期が始まった

夏休みも明け、ついに2学期が始まりました。

とはいっても、我が子は夏休み中も週1回の補講登校をしていたので、登校ペースは変化ないです。2学期になっても、週1回の登校にしようとしているからです。

2学期が始まっての最初の登校はしました。

「ちょっと授業も受けようかな」と言っていたのですが、授業は受けずに課題を提出して帰ってきたようです。しかも、2学期で行う教科(美術以外)の課題も持って帰ってきました。登校して授業を受けなかった分を、家で補うための課題です。

ふーむ。いいんだが、どうながだか。いや、いいんでしょうね。

我が子は週1回の登校をするつもりであり、そのため休んだ分を冬休みになる前から補講課題で穴埋めする。「冬休みは短いので、夏休みのようにはできない」と学校の先生から言われていたので、それを我が子にも伝えておりました。

だから、「ならば冬休みになる前に補講課題をもらっておいて、2学期中にそれをやってしまえば、冬休みに大変にならずに済む」ということなわけです。

学校としても、とりあえず2学期はそれで対応しようということなのでしょう。

自分なりに考えての行動なので、温かく見守ることにしましょう。

家でできる課題をやりきる

夏休みの補講をしている我が子。

本来行く予定だった日の前日にも登校し、2日連続で登校したわけですが。

頑張って課題をこなしてきたようです。立体造形や彩色の課題などがあったようで、これはこれで一所懸命取り組んでいたようです。

それでも、まだ美術系の課題がいくつかあるようで(美術系の専修学校ですからね)、美術の課題を持ち帰ってきました。

その課題も、いつの間にかやっていました。

それで、次週の登校予定日の前日にも登校し、学校に残していた立体造形の課題をしあげたようです。

そして、予定されていた登校日にも登校し、お昼を学校で食べてでも課題を終わらせようとしたそうです。

しかーし、少し残ってしまいました。

8月最後の登校をどうしてもしたくなかったようで、そのためにお昼を学校で食べてでも、課題をすべて終わらせたかったそうです。

「まだあるらしくてさー」と不満げでしたが、本来は毎日登校すべきところを特別にしてもらっているので、強くは言えませんよね。

結局、8月最後の登校予定日には登校しませんでした。

私も先生と面談する予定だったので、私のみ学校に行ったのですが、先生は「えー、来なかったのー」と残念そうでした。「よく頑張ったねーと、褒めようと思ったのにー」との反応でした。

少し残った課題を預かり、家に帰ってから我が子に「学校の先生が『とてもよく頑張ったよ』と褒めていたよ」と伝えると、ちょっと嬉しそうでした。

頑張ったことを認めてもらえることは大切ですよね。

パパが持ち帰った課題も、その日のうちに終わらせてしまいました。

よく頑張りました。

でも、これから2学期が始まります...

 

課題を持ち帰った

不登校の我が子ですが、週1回通学を続けていたために、授業日数が足りず、夏休み中も週1登校の補講をしております。

先日の登校日では、「行きなくない」と言って、どうなることかと思っていましたが、やむを得ず?覚悟を決めて?ともかく、登校しました。

学校の先生から「『お父さんが残りの課題を見てみたい』ということにして、本人に課題を持ち帰らせてもいいですか?」という話しがあったので、「お願いします」としておきました。「少しでも家で課題をしてくれないと、登校日だけでは終わらない」という危機感が学校の先生にはあったからです。

すると、学校から帰ってくると「お父さんが見たいということで課題を持ってきたよ」と、本人から手渡されました。なるほど、「やる気になればできちゃう量じゃん」と思いましたが、そこは言わずに「これをやれば単位がもらえるってことだよね」とは言いました。

 

しばらくリビングの片隅に「積んどく」になっておりましたが、ある日突然、「これやっちゃおうかな」と我が子。

「新しいゲームの発売前に終わらしちゃおうと思ってさ」(我が子)

ということで、課題のプリントをやりだしました。内容的には簡単なので、2日かけてすべて終わらせました。

「やる気になればできるんだけどね」とは我が子談。ついつい「やる気だせばいいのに」と言ってしまいそうになりましたが、ぐっとこらえて、「素晴らしいじゃん!」と反応しておきました。

 

さらに、予定された登校日の前日に、朝いきなり起きてきて「今日、学校に行く」とのこと。「かなり行く気になっているので、今日行ってしまいたい。明日はどうするかまだ未定。その時にならないとわからないタイプなので。」と言うではありませんか。

まあ、せっかくやる気になっているならと、学校側も大丈夫ということなので、行かせました。

美術の課題をいくつかこなし、1つ宿題に持って帰ってきました。

まあ、さすがに明日は行かないかなと思っていたら、行きました。

ある程度の課題を終わらせたことで、安心したことや自信を持ったこと、「ちゃんとやったよ」と認めてもらいたいこと、などの気持ちも働いているのかなと思われます。

本人は「新しいゲームの発売前に終わらせたい。心置きなくゲームしたい!」と言っていますがね。

 

前回は、我が子に「課題をこなさないと単位はもらえない」ということを突きつけました。そこに我が子は応えることができたようです。

ちょっとではありますが、一段ステップアップしたのでしょうか。でも、ステップダウンすることもあると、心の片隅に置いておかないと...

課題を持ち帰った

週1回の登校を続けている我が子。

単位習得のために、夏休み中にも週1回の登校を課せられました。それで済んでいるのだから超大目にみていただいています。

にもかかわらず、登校予定日の前夜に「明日は行きたくない」と。

 

さすがに、それを「いいよ。パパが学校に言っといてあげるよ」としてしまっては良くない。すでに、家では元気になっているし、週1回ではあるが登校できている。しかも、何といっても義務教育ではないので、単位を取らなければ卒業できない、卒業できなければ専門学校には入学できない、専門学校を卒業していないようであればCGの仕事に就くことはできない。

 

このことを改めて「突きつける」必要があると感じました。ちょうど、先輩心理士に我が子の事で相談し、「そろそろ現実を突きつける必要があるでしょう」とアドバイスを受けていたので、今がその頃合いと見極めた。

 

そのことを改めて確認すると、「わかっている」「でも、人に言われるとやりたくなくなる」との返事。

その通りでしょう。分かっているのです、本人は。でも、向き合ってはいないのです。それを指摘されて愉快なわけはありません。

「言われるとやりたくなくなる、というのはよく分かる」「ならば、結果をださないとね。結果を出さないから言わるるんだよ。」と突きつけました。

泣くかなと思ったけど、泣かないで「ちょっと怒ったような」顔をしていました。

 

それくらいが良い。泣くようであれば、まだこの突きつけに耐えられる心の強さがない時だ。その時にはこんな突きつけをしてはいけない。心が弱っている時に、最も頼りにしたい保護者が突き放すような言動をとれば、子どもの心は引き裂かれてしまう。

そして、こうした突きつけをするときも、根本的にはあなたを大切にしている、最大の支援をしてあげる、ということも同時に示すことも重要です。

そもそも、「現実を突きつける」ことと「突き放す」ことは違います。現実を突きつけるけれども突き放しはしない。とても難しいですね。一朝一夕にはできません。相互の信頼があって成立することですが、今回も結構冷や汗をかきました。「大丈夫かな~」と探りながらの会話でした。

 

翌日、どうなることかと気になりましたが、気にしたところで本人がするしかないので、後は子どもにおまかせです。結局、登校しました。

正直ほっとしましたけどね。

 

夏休みも登校する

専修学校高等課程の我が子。週1回の登校を頑張って続けてきました。

とは言っても、週1回の通学だけでは単位の習得は厳しいです。そのため補講を夏休み中にも受けることになりました。

週1回の登校ではあるので、前日になると「いやだあー」と言いながら、なんとか通っています。しかし、十分には課題をこなしていないようで、家でも課題をしないとならないかも...という状態です。

しかし、「家に学校のものを持ち込みたくない」(本人弁)なので、結構ぎりぎりです。持って帰らないで済むくらい、学校で課題をこなすのかしないのですが…

 

これも、状況を本人に説明し、最終的には本人に判断させるしかありません。

担任の先生にも、あとどれだけの課題をする必要があるのか提示してもらうことにしました。

担任の先生は「一度に提示してしまうと嫌になってしまうのではないか」と躊躇していたようですが、でも、このまま過ごして「ダメでした」というのは最悪でしょう。

あくまでも本人の意志でそうなったらなともあれ、分からないままダメになるというのは納得しがたいと思われます。

課題を一度に提示されて「嫌になったなら」それまでです。どのみち単位はとれないのですから。

 

我が子に「おまかせする」のは大変ですよね。私はどうもついつい「先回り」して子どもの前の石をどかそうとしてしまうようです。「子どもにおまかせ」というのは、親にとっても「しんどい」ことですね。

なんとか週1回登校しています

背水の陣の心境で臨んだ期末試験。なんとか受けることができました。しかし、課題を行うことでやっと成績がつけられる科目もあります。

本人曰く「課題はいつまであるのかな~?」

というか、課題はやらないと終わらないんですよー。

「学校の先生からは『成績をつけなければならないので、8月中には課題と夏休み登校を終わらせないとならない』と言われているよ」と我が子には話しました。

 

期末試験後の三者面談で夏休みの登校日を確認したので、そこに登校し、自宅での課題をこなすことでなんとか単位はもらえそうです。

 

しかし、このままで卒業することはできません。

先生との二者面談で話をしたのですが、当然このまま週1回登校しているのでは卒業はできないとはっきり確認できました。それはそうです。

学校としては2年生になったらもっと登校できるようになり、3年生には毎日登校できるようになり、そして大学や専門学校に進学するなり就職なりしてほしい。ということなのです。

専門学校や仕事では、毎日登校通勤することは必須です。だから、この学校での3年間で徐々にそうできるようにしてほしい、という方針なのだそうです。

ごまかして単位をとって卒業したとしても、次に繋がらない。

親としては何とか高卒の資格だけでも取ってくれれば、次に繋がるのではと「期待」してしまうのですが、それは「課題」の先送りにすぎませんよね。

せっかく「不登校」への理解のある学校に通えているのですから、そこで成長して欲しいです。

もちろん、大学や専門学校に行くことを強いてはならないとも思います。

しかし、我が子は「専門学校でCGの勉強をしてゲームの作成に関わりたい」という意志を持っている以上、それを実現するための過程を「我が子なりに」進んでいかなければなりません。

専修学校の高等課程も3年でなく4年あるいは5年かかっても仕方がないとは思っています。

ただ、気になるのは5年かかっても卒業できなかった場合です。

当然、それは頭をよぎります。

専修学校は高校ではないので、そこで習得した単位が通信制高校でも通用するかも気になります。単位が通用しないとなると、今の専修学校で5年かかって中退して、仮に通信制高校に入っても一からの開始となり、かなりしんどいです。

もし、通信制高校専修学校の単位が認められるなら、今通学している専修学校を中退しても、未習得分を学ぶだけで済むからです。

しかし、そうしてギリギリ通信制高校を卒業しても、専門学校に毎日登校することは不可能ですけどね...

でも、親としては、少しでも「希望」を持っていたいですよね。

我が子の場合は「専門学校でCGを学びたい」という意志があるので、そこを前提にして会話が成り立ちますが、「どうしたいのか分からない」という不登校の子もいると思います。そうすると「とりあえず高校卒業の資格はとっておこう。そうすれば何かしたいと思った時に、選択肢が広がるから」と言うのではないでしょうか。事実、我が子にもそう言っていました。現実の社会で日々働き、生きている大人としては、高卒という資格があるかどうかで「選択肢」が大きく異なることを知っています。だから、「せめても高卒を」と不登校児の親は願います。私もそうです。「高卒の資格を取ったからといっても、その先に『進む』こととは別だ」と分かっていてもです。

 

学校の先生の面談で感じたのは、この学校の方針は「間違ってはいないな」ということです。卒業のみを目的にするのではなく、その「過程」をこそ大切にする。

私に大切なことを思い起こさせてくれました。

 

我が子はそれでも、週1回でも登校しているのですから、我が子なりに「進んで」います。それを認めてあげましょう。