不登校の子の父親である公認心理師が語るブログ

不登校の我が子の出来事を、父親かつ教育現場で働く公認心理師の立場からお話します

動画作成に夢中になる(でもYoutuberにはならないそうです)

ゲーム実況動画を作成して、Youtubeに投稿するようになった我が子。

作成途中の動画を見せてくれたり、アバターになる「ゆっくりキャラ」を見せてくれたり。新しいことを見つけると、「こういうこともできるんだよ」と報告してくれました。もう、この時点では、私の能力ではできない動画作成スキルを身に着けていました。

「なんでそんなにできるようになるの?」(私)

「とにかく、あれこれいじってみるんだよ。それでどうなるかみながら、どうするとどうなるかを覚えていくのさ。時間があるから、いろいろできるんだよ。」(我が子)

なるほど、時間はあるもんな~。

 

学校に行かないで、家でゲームしてyoutube見るだけだと、健康な心は「飽きてくる」んです。

「学校に行かない、家から出ない」イコール「不健康」ではありません。「家にずっといる」イコール「ひきこもり」イコール「不健康」イコール「社会不適応」と結びつける偏見はあるでしょう。まさに、ステレオタイプな考えです。

一律的な学校のシステムに適応することは、かなり大変なことです。しかも、子どもによって発達のばらつきがあり、たまたま未発達なことがネックになる場合もあります。特に、学校のシステム・ルールが、小学校から中学校になることで大きく異なってしまい、子どもにとっては大変なことになります。我が子はそうでした。適応できずに、パニック的な状態になり、動けなくなってしまったのかなと思っています。

所詮、中学校という社会のごく一部のシステムとルールに、一時的にうまく適応できなかったにすぎません。それを「社会不適応だ」とレッテルを貼るのではなく、そういうこともあって当然と思える社会であってほしいです。幸い、我が子の校長と学年主任の先生は、不登校に柔軟に理解を示している人でした。

我が子の場合、不登校であることを認めてあげて、家で伸び伸びと過ごすことで(100%伸び伸びではないでしょうが)、その生活に「飽きてきて」、「何かしたいな」という気持ち・意欲が自然と生まれたのだと思います。

 

ともあれ、我が子はGimpというフリーソフトを使っての画像加工に夢中になりました。ゆっくりキャラクターを(作者の許可範囲内で)加工して、Youtube動画のアバターとして登場させていきました。

夢中になると、一日中その画像加工の作業をやっているそうです。やりたいことに対する集中力・持続性注意はあるんですよね。関心が薄いことは、すぐに注意が逸れてしまいますが(その程度は多くの中学生の範囲を超えている)。

ゲーム実況の動画のみならず、ゲーム考察の動画も作成して、Youtubeにアップしています。500を超える再生回数の動画も出てきて、なかなかどうして、です。もちろん本人も、これでYoutuberになれるとは微塵も思っておりません。

むしろ、CGを作るということに興味が向いていったようです。

できれば、CGを作ることを仕事にしていきたい、と。

 

 

子どもが動き始めた

不登校でもいいよ」「学校に行かなくてもいいよ」と、かなりゆったりと、親子とも思えるようになりました。

何はともあれ、楽しく親子で家で生活しているというのは、いいですね。家にいると、心のエネルギーが補充される。これは大切です。

そのように安定して不登校を続けること半年。すると、「ゲーム実況動画を作りたい」と我が子。ほう!それは予想外。

どうやら、youtubeでゲーム実況の動画をいろいろと見ているうちに、自分のやっているゲームを実況してみたくなったらしい。しかも、どうすれば作成できるのか、ちゃんと調べ上げていました。ゲーム実況はいくつかにカテゴライズされているようで、「ゆっくり実況」をしたいと言う。

そのためには、GimpというAdobephotoshopのようなフリーソフト、AviUtlという動画編集フリーソフト、ゆっくりMovieMakerという動画編集フリーソフトなどをインストールし、連携させる必要があります。また、フリーで提供されている画像なども必要になります。その方法が載っているサイトを検索して、教えてくれたのです。権利関係に問題がないか、ウイルスはないか、などを調べ、問題なさそうという作業を、我が子と一緒に行いました。無許可使用や無許可転載がやってはいけないことなど、ネット上のルールを一緒に学びつつ、導入しました。子どもは、無許可使用がダメなことなどは、既に知ってましたね。導入する方法の載っているサイト(とても丁寧でよかった)を見ながら、やや四苦八苦しつつ、なんとか導入し、ソフト面では動画作成が可能となりました。同時に、ゲームの様子を録画するための専用録画機も購入し、ハード面でも準備が整いました。

いざ、録画、作成。

最初のうちは、ゲームの録画に立ち合い、動画作成ソフトの使い方を一緒に学びながら、作成しました。しかし、2回目からは、子どもは勝手にソフトをいろいろといじくりながら、操作の仕方を習得していきました。うーん、その習得の速さはすごいな。大人の私はマニュアルを見ながら試みるのに、子どもは試行錯誤しながら、どんどんやり方を発見し、覚えていきます。

「よくできるね~」(私)

「なんとなく、こうかなってやっているうちに動きが分かってくるんだよ」(我が子)

さいころから、パソコンにかかわっていると、違うんですね。うーん、たいしたもんだ。率直に我が子を褒めました。

ここまで、しっかりとできたなら、「Youtubeに投稿したらいいよ!」と親。我が子はそこまでは思っていなかったようでしたが、ならばと投稿することに。

Youtubeの投稿規約などを、我が子と一緒に確認し、投稿してみました。

何はともあれ、Youtubeに初投稿!

意外にも、すぐ再生してもらえたりして、我が子としてはとてもうれしかったようです。自分の作品を誰かが見てくれる、評価してくれる。社会に認められるという意識を持つことができますものね。ネットだと直接ではないけれども、社会であることには変わりはありません。最初の作品は、数十回程度の再生数ですが、それでも数十人が見てくれた、というのは我が子にとって自信になったようです。

しかも、この動画作成という作業が、我が子の進路にも影響を与えることになるのです。

 

楽しく不登校する

不登校というと、「つらい」「ひきこもり」というワードを連想する。それは、不登校となった子の親のみならず、当の子どもも感じている。人間(人の間に生きる人)としては、当たり前の感情です。
しかし、不登校であっても「それも当然」と、かなり自然に思えるようになると、楽になり、せっかくだから学校に行かないこの時間を楽しもうとなってきます。

私たちはそうでした。まずは、私が周囲の「元不登校児」の同僚たちから、「学校に行かなくても大丈夫」「子どもにおまかせしましょう」「心が元気なら自分で動くようになりますよ」というアドバイスと安心感を与えてもらい、そうしようと思えるようになりました。私は大学中退もしているし、同じだよね、という割り切りも早かったかと思いますが。次いで、母親である妻が、「無理させても、いいことない」と悟りました。そうすると、当の我が子もその雰囲気を察しますから、だんだんと伸び伸びと不登校して家にいることを楽しめるようになってきました。

最初は、ほとんどTVゲームをしていましたね。スプラトゥーンポケモンスマッシュブラザーズなどなど。ゲームの内容の吟味はしましたが、欲しいゲームソフトはほとんどなんだかんだと買ってあげていました。まあ、誕生日祝い、クリスマス、お年玉などで、年に3つ以上は買えますね。しかも、下の子もいるので、下の子のクリスマスなどでも買うので、それなりになります。

不登校の我が子は、ゲーム以外にお金を使うこともないので、なおさらでしょうか。

ゲームに制限をしなかったのは、「元不登校児」の先輩心理師の「不登校の時はテレビだけが唯一の拠り所だった」という言葉がとても大きかったです。そして、その判断は良かったと思っています。まあ、ゲーム禁止としてみたところで、親が二人とも仕事に行っているのですから、一人でいるときにゲームできますし。禁止しないで、子どもと話し合って、「19時以降はゲームをしない」という取り決めをしました。

こうなると、親から我が子に「ああしなさい」「こうしなさい」ということを一切言わなくなったので、ほとんど親子間のストレスがなくなりました。ポケモンスプラトゥーンは父親の私もやっているので、夜散歩しながらゲームの話をするのも楽しみになりました。

我が子は、リビングでゲームをしているので、すっかりリビングに定着しました。リビングの居心地が良いみたいです。すると、親子の会話も今まで通りできますし、元気にゲームしている我が子の様子は、親にとってもストレスではありません。子どもの笑顔を見ると、親もうれしくなります。

我が家には猫2匹いるので、その世話も頼むようにしました。まあ、我が子が学校帰りに拾ってきた捨て猫たちなので、本人も責任感をもって世話しています。

 

こうして、いろいろと外に連れ出そうとトライした後、不登校しながら楽しく家で過ごすことになりました。

 

すると、我が子は自分から動き始めたのです。

それでも外の世界とつながって欲しい

フリースクールへの促しがひと段落しましたが、やはり、親としては少しでも外の世界とつながっていて欲しいと願う。

そこで、母親である妻が見つけてきたのが、田んぼを借りて稲を育てるというもの。NPO団体が主催しているもので、田んぼの一部を各家族が少しずつ借りて、代搔き、田植え、草取り、稲刈りなどを年間通じて楽しむというもの。お膳立てはNPOの人がやっておいてくれるので、気軽に参加するだけで済む。我が子は、以前小学校の授業の一環でやった稲作に興味をもって、余った苗を持って帰ってきて、家で育てました。そこで、「田んぼ」で稲育ててみない、という作戦です。

NPOの人のプロフィールをみると、世界を放浪していた人や、海外青年協力隊に参加していた人、フリーターなど、いろんな経歴の人が多い。私としても、「人生いろんな形があっていい、ということを実感してもらえるといいな」と思い、勧めてみました。

我が子は、とりあえず「やる」という反応だったので申し込むことに。

最初は4月の代搔き。これは楽しく参加しました。放牧されている山羊に草を食べさせたり、鶏に餌を食べさせたり、代搔き以外にも楽しくしていました。我が子本人は以前から、「都会より田舎がいい」といっており、のんびり過ごせるし良かったみたい。中2の子も来ており、仲良くなって一緒に行動していました。その子も、不登校なのかな、という感じで親子とおじいさんも一緒に来ていました。

代搔きは、田んぼを耕して水を入れるので、ぬるぬるになり、泥まみれ。走り回って楽しそうでした。

これは参加してよかったなと思いました。

ところが、5月の田植え。メインイベントですが、「行かない」との反応。うーん、無理に行かせても仕方がないし、私だけで行くことに。この前に一緒に遊んだ子の母親から「また会えると思って楽しみだったのに」と残念がられてしまいました。そうですよね。

8月は草取り、これは「行く」とのこと。そうなの。どうも、大掛かりなのが嫌なようで、パパと一緒に少しやるくらいがいいみたいでした。それに、草取りみたいな単純なことを続けるのがいい、とのこと。そうでした、我が子は注意障害があって同時処理が苦手。単純なことをする方がストレスがなくていいいのでした。「草取りはしたい」ということで、参加したようです。

実際には、少しやったら早く帰ろうと言ってきましたが。後でわかりましたが、やりたいTVゲームがあったらしい。NPOが用意してくれていたBBQにも参加せず、草取りが終わるとそそくさと帰りました。

草取りは楽しいということだったので、またしても母親である妻が「草取りボランティア」を探してきました。これは学校として学生にボランティアを経験させる試みの一環で、市として中高生向けにボランティアを集め、市の監督下で子どもたちにボランティアを経験させるというもの。ナース体験や酪農体験みたいなものは人気でしたが、草取りは不人気で、早速申し込めました。体調不良で行かなかったことはありましたが、3回中2回しっかりと参加していました。

草取りみたいなことが好きなんだな。

では、「稲刈り」は。不参加でした。最も楽しいはずの収穫には関心なし!

それはそれでいいかと、またしても私のみ参加しました。

まあまあ、やってみてよかったのかな?

来年はもういいかなとは思いましたけどね~

 

子どもはどんな生活をしてるのか

さて、学校にも、相談室にも、フリースクールにも行かない。となった我が子。

どんな日常になったかというと、

6:45 起床

7:30 朝食

8:00~ youtube鑑賞、TVゲーム

12:00 昼食

13:00~ youtube鑑賞、TVゲーム

19:00 夕食 以降のyoutube+TVゲームは禁止

9:30 入浴

10:30 就寝

ほとんど、この生活リズム。

 

起床と就寝は体の成長にとって、とても重要であるからと説明し、本人も納得。

起床と就寝の時間は守られていくことになります。

 

TVゲームは父親の私もやるようにしました。元々、少しは私もゲームをしていたのですが、ちょっと意識的にTVゲームをするようにしました。やはり、関係性を保つための話題を得るため、という下心がありましたね。

スプラトゥーン2は私も楽しくてやっていたのですが、それに加えてポケモンです。我が子がポケモンにかなりはまり始めたので、私もやるようにしました。ポケモンは種類も多く、属性や得意技、育成など、様々な要素が絡み合っています。そして、ストーリーをこなしていくのとは別に、オンラインで他のオンライン参加者と対戦ができます。

最初、オンラインゲームというと、「リスク高い」と思っており、親はかなり消極的でした。最初のオンラインゲームはスプラトゥーン2です。「なわばりバトル」というメインコンテンツがオンライン対戦なのです。最初は「オンラインはダメ」としていたのですが、「なわばりバトル」ができなければ、スプラトゥーンの楽しさが全くないという子どもの意見に押され、色々と調べてみると。チャットはできない、個人情報を載せないように配慮されている、など、任天堂ならではの「安全性」が担保されていることがわかりました。それ以降、ゲームの内容とオンラインの程度を親が確認してから購入するようにしています。

ともあれ、ポケモンは広くて深く、ポケモン研究の余地が大きい。我が子はポケモンの知識を深めることに興味をもったらしく、ネットで調べながらゲームの中で実践し、楽しんでいる。「〇〇というポケモンは、〇〇タイプで、〇〇に強く、色違いになると〇〇がいい。」など、いろいろと聞かせてくれる。私は、我が子にアドバイスを求めながらポケモンのゲームを進めました。

やってみると、ポケモンもおもしろい。

子どもとしては、ポケモンの話を誰かとしたいらしくて、父親の私とよくするようになりました。健康のためということで、夜に私と一緒にウォーキングをするようになり、夜に近所を歩きながらポケモンの話をよくしました。

これはこれで楽しかったですね。

 

期待するとがっかりする

フリースクールの見学ができなかった日。

仕事から帰ってきた母親である妻が、「どうだった」と私に尋ねました。

「うん、行かなかったよ。駅まで歩いては行ったけどね。」(私)

「まあそうだろうと思った。それでも、駅までは行ったんだね。」(妻)

「うん、すぐ『行かない』となったけど、診断書をついでにもらうためにも歩いて行きました。」(私)

「まあ、あまり期待しちゃいけないのかな、と。」(妻)

 

期待はしてしまう。フリースクールにいけるんじゃないかって、期待していた。でも、期待通りに子どもが行動できないと、がっかりしてしまう。その「がっかりしている親」に、子どもは気づいている。

親の期待に応えられない自分。その束縛と劣等感、罪悪感。子どもの心の成長にとって、どうなのだろうか。そのような意識に苛まれてきた学生を、仕事でみてきた。

元気のない我が子と一緒に生活するのは楽しくない。つらいだけだ。

もう、つらいのは止めよう。学校に行けないことは、悪いことではない。悪いことをしているわけではないのだから、罪悪感と劣等感を持つのは止めよう。

楽しく、学校に行かない。家で楽しく過ごしているなら、それでいい。

 

母親である妻もそう感じ始めてきたようだ。妻は妻なりに考え、行動し、そして感じ、「学校に行かなくてもいいじゃない」と納得しつつある。妻の顔もちょっと和らいできた気がする。

 

学校に行けない子どもを、無理に行かせることの無理、この「無理地獄」の試み。

親も子どもも疲労困憊し、消耗し、心が疲れて傷つきやすくなってしまう。

 

「できたらいいね。」「でも、できなくていいんだよ。」と、子どもに期待しない。子どもに期待しないと言うと、子どもを見捨てているかのように捉えられるかもしれない。

違います。子どもが「したい」と思えるように、情報提供したり、必要な援助はしてあげるのだけども、できなかったからといって、子どもも親自身も責めない。

「また、できそうだったら、やればいいんじゃない。平気平気。大丈夫。いいんだよ。」

子どもの心のエネルギーがちょっと増した時、無理に何かをしようとして、心のエネルギーを使い果たして、また「ゼロ」になる。その繰り返しをしない。子どもの心のエネルギーがもっともっと大きくなるまで、じっと待とう。じっと待つことは、本当に子どもを信じていないとできない。

見捨てているから期待しないのではなく、子どもを信じているから期待しない。

 

 

子どもこそ、不登校であることに劣等感や罪悪感を感じている

フリースクールに結局行かなかった日、近所の方の視線を受け、とても辛そうだった我が子を見て、考えました。

子どもこそ、学校に行かないことを「いけないこと」「ダメなこと」と感じているんだと。

 Erikson,E.Hのライフサイクル論によれば、児童期の発達課題は「勤勉性」で、獲得に失敗すると「劣等感」を抱いてしまう。我が子は小学生でそれなりには過ごしていたので、それなりに「勤勉性」を獲得してきたようにみえる。しかし、中学校に行けないという事実により、「行けない(できない)自分」という「劣等感」を抱いてしまっている。これは、心理・社会的危機に直面している状態。とても危うい心理状態です。

子どもがこのように心理的な危機に直面している時に、最も拠り所にするのは養育者でしょう。私は「不登校であることを恥じることはない」と思っていましたし、思っていますが、それを「子どもに押し付け」ても、単なるストレスにしかなりません。子どもが、自分の心から「学校に行けない自分を認めてあげられる」まで、養育者にしかできない愛をもって見守ってあげることが大切です。

不登校で家にいるときは、養育者の抱え込むような愛で、子どもが癒されるようにしてあげること。それによって、子どもは再び成長するエネルギーを蓄えて、自ら次のステップへ踏み出そうとするでしょう。

精神分析家のW.Bionは、次のような理論を述べています、赤ん坊は空腹などの「得体のしれない苦痛」を養育者に投げ込む。養育者はそれをコンテイニングして、「それはおなかが減ったということで、ミルクを飲むことで解消されるよ」と、赤ん坊が受け入れられる形に変えてから、赤ん坊に投げ返す。赤ん坊はそれを受け入れて、精神が安定し、成長していく。この時に重要なのが、赤ん坊の投げ入れた苦痛をコンテイニングする「容器」の在り方です。投げ入れられた苦痛に「容器」の側が耐え切れず、コンテイニングできずに投げ返したり、無視したりすると、赤ん坊は心の安定を得ることができない。これは、その後の生き方に深い影響を与えてしまう。

このように言うと、そんな大層なことしてきたか、できるのか、と私たち親は思ってしまいますが、我が子を愛している養育者は自然にしていることなのです。

W.Bionは乳児期の様子から理論を導き出しましたが、この枠組みは、児童でも大人にも続いていく。

子どもが不登校になり、「学校に行けない自分」に深い悲しみと苦痛を感じている時、その苦痛を投げ入れる先は、まず養育者です。赤ん坊が感じている苦痛よりも、質的に難しくなって重たい苦痛になっています。受け入れる「容器」である養育者が、それをコンテイニングすることは、かなりしんどいです。

でも、フリースクールに行けなかった後、我が子と一緒にアイスを食べながら、私は思いました。「学校に行けなくていいじゃないか」とさえ思ってしまえば、「楽だ」と。

「学校に行けないことに対する劣等感」という「苦痛」を、我が子が父親である私に投げ入れてきた来た時、「容器」である私は「学校に行けなくてもいいじゃないか」とコンテイニングしてあげて、「今の状態でもいいんだ」と、言葉でなく、なにげない態度で、ゆっくりと返してあげようと決めた。

肩ひじ張らず、ゆっくりと。