不登校の子の父親である公認心理師が語るブログ

不登校の我が子の出来事を、父親かつ教育現場で働く公認心理師の立場からお話します

突然、明日は学校に行くと宣言!

不登校の我が子。

1週間まるまると学校を休んでおりましたが…

日曜日の夜、突然、「やっぱり明日は学校に行く!」と結構力強く宣言しに来ました。

 

はて?どうした?と思っていると、

「ネットでも調べてみたけど、やっぱりCGデザイナーになるには基礎画力がとても重要だということがわかった。だから、学校にデッサンをしに行く。」とのことでした。

 

きっと、休んでいる1週間、いろいろと悩み・考え・調べていたのでしょうね。

絵を描くにも、CGするにも、基本的な画力が必要とは学校の先生からも言われていましたが、自分でも調べて再確認したのでしょう。そして、何よりも「CGを作成する現場に携わる仕事をしたい」という意志が(この時は)強くなったのでしょう。

気持ちが浮き沈みすることは不登校児によくみられると思います。

今回もそうだとは思いますが、今までの中では比較的「強いアピールだったな~」と感じたのも実際のところです。

「とりあえず、明日は行くだろう」と感じました。

 

そして、当日。

行きました。自分で起きて、朝ごはん食べて、準備して、行きました。

しかも、1日授業を受けて来たそうです。デッサンの練習もさせてもらってきたようです。

何となくですが、帰ってきた我が子は、「充実感」のようなものを身にまとっているように見えました。

 

では、その翌日は?

祝日です。GWに突入です。良いタイミングなのか、悪いタイミングなのか。関係ないでしょうね。行くときは行くし、行かない時は行きません。

子どもにおまかせです。